After Effects動画の上下に黒帯(レターボックス)を入れる方法【aeチュートリアル】

映画のように上下に黒枠?黒帯?を入れる方法を2つ紹介したいと思います。僕はいつも黒枠とか適当に言ってますが正式名称は「レターボックス」と言います。ほかにもシネマスコープなんて言う場合もありますね。

映像技術におけるレターボックス(英語:Letter box)とは、映像メディアの表示画面において他の画面サイズ規格でつぶれて表示されないよう、表示互換性をとるために、本来および横長比率の映像の撮影された映像部分の上限部に黒帯を追加した状態のものを呼ぶ。略称で「レタボ」「LB」として表示される場合も多い。
ウィキペディア(Wikipedia)より

ccJawsを使う場合

黒の平面の新規追加(CTRL + Y)し「エフェクト→トランジション→ccJaws」をクリックします。

「Completion→80%」「Height→0%」にすると下の画像のような状態になるはずです。

Completionなどはキーフレームを設定できるのでアニメーションを付けることも可能です↓↓

こんな感じのは実写よりアニメとかでたまに見る表現かもしれませんね。個人的には好きな動きなのでインフォグラフィックのときにたまーに使ったりしてます。

基本的な設定は「Completion」「Height」のふたつ

Completionで高さを調整してHeightでギザギザを平らにしてあげることが出来ます。「Shape」でそのギザギザの種類を変えることができますがレターボックスを作るときはイジることがありません。
あとは「Direction」ですがこれは回転です。ccJawsでトランジション(シーンチェンジ)を作るときなんかはこの数字をイジって調整したりします。

ステンシルアルファを使う場合

新規平面を作ったらモードを通常からステンシルアルファに変更して平面の高さをお好みのサイズにしてあげれば完成です。

平面のスケールにキーフレームを打ってあげればccJawsと同じようにアニメーションを付けれます。単純なレターボックスならこれが一番楽で軽いはずです。

さいごに

たまにマスクでやってる人を見るんですけどあれって手間じゃないんですかね?むかし気になって試してみたけど面倒くさいイメージしかありません。

特にサイズの微調整がダルい!!

個人的にはこのふたつがオススメですけどやり方なんて人それぞれですからなんともです・・・まぁAEに限らずこの手のソフトは覚えること多すぎてダメですねw

もうちょいシンプルでもいいと思うけど最近のAdobeを見てると何年後かにはワンクリックでスゴイ編集ができるようになりそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です